テーマは「宇宙」! 2018親子孫で〈たのしい仮説実験〉講座

  今回の〈宇宙への道〉講座は  「いままでなんとなく身につけてきた常識を,もう一度ホントのイメージと照らし合わせてみる」という予想ー検証をくり返す講座でした。  実際にモノを使って実験するということはできないかわり,目に見えない広大な宇宙をサイズを変えた模型や動画をつかってイメージしやすくしました。それだけでなく,ふだん宇宙を見つめる道具もあったらいいだろうと,「天体望遠鏡+クリップ式雲台+ガリレオの天体観測の読み物」を実験セットに加えました。  みなさんの感想を読むと,「広大な宇宙とちっぽけな人間」について多くの人が書いてくれました。日本列島の上にミツバチたった3匹が恒星の距離だと知った時,みなさんは定まらない目で空中を見つめていました。おそらく,今までの宇宙のイメージがガラガラとくずれたのではないでしょうか。  さらに古代ギリシャ人との知恵くらべのような話もたくさん出てきました。〈大地球形説〉や〈大地の大きさの測量〉〈月・太陽の大きさや距離の求め方〉……。地球の大きさを測れたことで,月の大きさがわかります。  そんな「見えない広大な宇宙を正しくもとめる人間」に感心しきった感想も,たーくさんいただました。  「ちーっぽけな人間,されど豊かな人間のノーミソ」を感じた人もいたのではないでしょうか。人間のあり方を根源的に見つめ直す(=哲学する)キッカケにもなったと思います。  最後のMitaka動画を見た後,つい「われわれ人間は何者なんでしょうね〜」とつぶや…

続きを読む

2018 カードゲーム〈ぶんしっし〉講座 IN 室蘭

ゴールデンウィークの初日4月28日(土) 原子・分子となかよく遊んじゃう〈ぶんしっし〉講座を              室蘭青少年科学館 と共催で開催しました!  2時間ほどの講座に参加者は   午前の部  8組21人(大人10子ども11)   午後の部 10組29人(大人15子ども14)  参加者の感想 ●ゲームのルールが適度に複雑 科学の導入に良い  とても楽しく参加できました。カードゲームのルールが適度に複雑で子どもも考えながら組み合わせていました。分子の性質も合わせて覚えられるので,化学の導入に興味を持つという意味で とても良いと思いました。(母) ●分子を身近に感じられた●  分子は学校の授業で習うような難しいモノというイメージでしたが 講座の中では 大変身近に感じられ カードゲームも楽しかったです。(父) ●モルキューがたのしかったです。(小5) ●次の 〈もっとぶんしっし〉講座にも出たい● トランプみたいのがたのしかった。あそびながら勉強になるなんてマキノさんはすごいなと思いました。次の もっとぶんしっし講座にも参加したいと思いました。今日は,たのしかったです!(小6) ■参加者の評価■  ☆午前の部☆ 8組 21人   5 とてもたのしかった ○○○○○○○○(大人8)               ●●●●●●●●(子ども8)   4 たのしかった    ○(大人1)  …

続きを読む

リピーター感謝講座2017/11/23

親子孫講座のリピーターのみなさんと《生物と細胞》をたのしみました! 豪華実験セットはありませんが,5000万倍分子模型作りも体験してもらいました。 リピーター(本格的な「親子孫でたのしい仮説実験講座講座」を2回以上参加した,高学年以上の親子孫)になると,ますますたのしいノーミソの使い方が楽知んになります!おたのしみは,まだまだ続きます! みなさんの感想をご紹介します。長くなりますが 読んでくださいマセ。 【子どもの感想】 ■生物はみんな細ぼうでできているのはびっくりしました。今日はありがとうございました。(KRくん)  →声変わりして,大人びた雰囲気になりましたね。ぶんしっし職人になれてきたので,次は大きな分子模型作りをやってみたいね。 ■1人のヒトに「60兆コ」も細胞があるなんて思わなかった。(KRくん)  →「60兆がそれぞれに役割をもって生きていて,それがまとまりあって自分になっている」というのは,なんだか体全体に元気になっていく気がしませんか? ■何度も来ている人たちで話し合っていくと,とても奥が深くて楽しかったです。かみの毛や生物の体で,こんなに深く考えたことは初めてです。リピーター講座,またやってください。(MKさん)  →リピーター講座は,ますます話し合うのがたのしくなって,時間が足りないくらいでしたね。次回は日程の組み方を工夫して,さらにゆったり楽知んできるようにしますね。 ■生き物は細胞でできていて,細胞は(というか全てのモノ…

続きを読む