リピーター感謝講座2017/11/23

親子孫講座のリピーターのみなさんと《生物と細胞》をたのしみました!
豪華実験セットはありませんが,5000万倍分子模型作りも体験してもらいました。
IMG_5090.JPG
リピーター(本格的な「親子孫でたのしい仮説実験講座講座」を2回以上参加した,高学年以上の親子孫)になると,ますますたのしいノーミソの使い方が楽知んになります!おたのしみは,まだまだ続きます!
IMG_5070.JPG
IMG_5098.JPG
IMG_5069.JPG
みなさんの感想をご紹介します。長くなりますが 読んでくださいマセ。

【子どもの感想】
■生物はみんな細ぼうでできているのはびっくりしました。今日はありがとうございました。(KRくん)
 →声変わりして,大人びた雰囲気になりましたね。ぶんしっし職人になれてきたので,次は大きな分子模型作りをやってみたいね。

■1人のヒトに「60兆コ」も細胞があるなんて思わなかった。(KRくん)
 →「60兆がそれぞれに役割をもって生きていて,それがまとまりあって自分になっている」というのは,なんだか体全体に元気になっていく気がしませんか?

■何度も来ている人たちで話し合っていくと,とても奥が深くて楽しかったです。かみの毛や生物の体で,こんなに深く考えたことは初めてです。リピーター講座,またやってください。(MKさん)
 →リピーター講座は,ますます話し合うのがたのしくなって,時間が足りないくらいでしたね。次回は日程の組み方を工夫して,さらにゆったり楽知んできるようにしますね。

■生き物は細胞でできていて,細胞は(というか全てのモノは)原子でできていて。原子はニュートリノとかできていて,それももっと分解できるとか何とか……そういう話を思い出した。(直接関係ないけど……)逆に,色んな生き物がつながり,生態系をつくり,それが地球上でつながって,地球は太陽系の中にあって,太陽系は銀河系の中,銀河系は宇宙の中,宇宙は無の中,で,すごいな〜と思った。(TMさん)
 →60兆コの人体からはてない宇宙までをイメージする,その人間の想像力もまたすごいな〜と思います。来年はスタッフ側をお願いします。

【大人の感想】
■「全てが細胞」この言葉がぴったり。60兆個で私たちの体が出来ている。そして,1つ1つが活動している。このことを知って,生きていることに感動してます。参加できてよかったです。細胞にも,色々な形がある事も知りました。(KNさん)
 →心臓細胞はまさに生きていることの証なんだと,今回,ボクは教えられました。ありがとうございます。

■漠然と細胞についてのイメージはありましたが,細胞にも色々な種類があり,様々な働きをしていることを知り驚きました。問題7(骨細胞)にはやられました!(TYさん)
 →今放映しているNHKスペシャル「人体」は,今回の講座を受けた後なら,おもしろく観られると思いますヨ。

■これまで受けてきた生物の授業では,機能ごとに章だてて説明を受けてきたため,それぞれの知識がつながりにくかった。本講座では「細胞」というキーワードを中心にすえているため,生物の仕組みを単なる知識ではなく,しっかりと理解することが出来た。(TKさん)
 →モノの本源は〈原子〉であるように,生物の本源は〈細胞〉なのですね。本源を感動的に学べると各論のつながりが見えてくるのでしょう。だけど,本源こそ「見えども見えず」。仮説実験的な認識が求められる由縁です。

■60兆個の細胞が喜んでいる講座でした。今回,色んなことがわかっても,また新たな疑問が出て来たり,不思議が出て来て,ゴールがない楽しさでした。もっともっと知りたいという快感ホルモンが出て来てしまうようです。子どもが純粋に科学が好きなことに私も本当に嬉しいです。(KSさん)
 →知的好奇心はとまりません!リピーター講座をこれからも続けてやってよさそうですね〜。

■感謝講座はこの位の人数,規模で丁度良く感じました。今回は,細胞について色々と学べました。目に見えない細胞というものでしたが,といも興味深く面白かったです。花・人体etc.……全て細胞でできている,何か不思議なつながりを感じました。(TMさん)
 →人間社会の一人一人もめいめい精一杯生きながら,つながりあっている「細胞」のように感じられます。あっイヤ,人間の細胞が「人間社会」を作らせているのかも知れません。

 ここまで,読んで下さってありがとうございます。
 楽知んのたのしさを知っているリピーターのみなさんと,ますます知的なたのしみをつくっていきます。市民がフツーに科学をたのしむ,そんな伝統を,気負いなく,でも着実につくっていきましょう。たのしい時代づくりは,これからです。(NPO法人楽知ん研究所 吉田義彦)

この記事へのコメント